復興フラッグ

相馬郡新地町。
かつてこの地には、夏場多くの観光客でにぎわう海水浴場があり、活気のある漁港を取り巻くように住宅が立ち並んでいました。
平成23年3月、東日本大震災の津波が多くの人命、財産を奪いました。
現在、釣師地区に、手作りの旗「復興フラッグ」が復興・交流のシンボルとして掲げられています。
この旗は、震災直後、新地町で活動していた自衛隊員が、がれきの中から見つけた日の丸を掲げたのが始まりとされています。
強風に吹き飛ばされたり雨風にされたりしながらも、沿道で力強くはためくその姿は、かつての街並みを失った被災地の目印、復興の象徴として、住民や訪れる人々に希望と勇気を与えています。

お問合せ

住 所:福島県相馬郡新地町字谷地小屋釣師地区
お問合せ:新地町観光協会
電 話:0244-62-2112 
 













<お問合せ>

相馬地方市町村会

〒976-8601
相馬市中村 字北町63-3
(相馬市役所・3F)
TEL:0244-35-4021
FAX:0244-36-8932